愛知県、名古屋で初期研修、後期研修を考えているみなさんへ

当院は卒後教育研修センターがあり、研修医のみなさんを積極的にサポートしています♪

https://www.nnh.go.jp/interndoc-jr/k_center/

院内、院外、各科の先生を招いた勉強会やERの振り返りなど、いろいろやってます!

その様子や研修医のつぶやきなどをこのブログで更新していきますので、

興味のある方はのぞいてみてくださいね...φ(´ω`。)



2016年3月29日火曜日

臨床研修病院説明会を開催いたしました

3月26日,
臨床研修病院説明会を開催いたしました.

参加してくださったのは,全国各地の大学から
新6年・新5年の医学生の皆さん.

前半は当院の研修医の代表が,
自身が経験した病院選びのポイントや当院の研修の特徴などをお話しし,
ER医の近藤先生からは,当院のER研修についてお伝えしました.

後半は,臨床腫瘍科の後期研修医による“チャレンジ!ケースカンファレンス”
実際の症例をもとに,グループで診断の過程を話し合いました.
活発に意見交換がなされ,
学生の皆さんの知識の豊富さに,各グループにチューターとして配置していた研修医たちは皆驚いていました.
参加してくださった学生の皆さま,
どこの病院で研修されることになっても,
さまざまな経験を積み,良い指導医と出会い,
必ずいいお医者さんになってくださいね!応援しています!
卒後教育研修センター

2016年3月28日月曜日

平成27年度のベスト指導医が決定しました

平成27年度のベスト指導医が決定し,
先日行われた研修修了式の中で表彰されました.

ベスト指導医は,研修医たちによって選出されます.

今年度,栄えあるベスト指導医に輝いたのは...
集中治療科 ER医近藤貴士郎先生
近藤先生は,ER専属医
ERをローテーションする研修医を日々温かく,
時には厳しく指導してくださっています.

当院は名古屋市街の中心部に位置する3次救急病院であり,
救急外来受診患者数が非常に多いのが特徴です.

ERをローテーションする研修医にとって,
ER専属医がいることは大変心強く,各診療科が協力する診療体制にも非常に良い影響を与えています.

近藤先生は卒後教育研修センターの指導医でもあり,
毎日のER症例の振り返りや,ER外傷症例カンファレンスを担当するなど
研修医のために勉強の機会を数多く作ってくださっています.

近藤先生の臨床に向かう姿勢と,愛情あふれる熱心な後輩の指導に
心を動かされた研修医たちです.

近藤先生,いつもありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします!
卒後教育研修センター

初期研修医 修了式を行いました

3月25日,
26年度初期臨床研修医の修了式を行いました.

直江院長より,研修医一人ひとりに修了証書が授与されました.
直江院長は,
「われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく.
だから,多くの場合,いくら年をとっても,その経験においては経験不足なのである」
というラ・ロシュフーコーの言葉を引用し
初心を忘れずに,謙虚な気持ちで医師として学び続けてほしいと
式辞を述べられました.

これからは研修医でなくなる皆さん,
2年間の研修を経て,とてもたくましい顔つきになりました.

研修修了おめでとうございます!

卒後教育研修センター

2016年3月23日水曜日

“レジナビフェア スプリング 2016東京”に出展してまいりました

3月20日,
レジナビフェア スプリング 2016東京”に出展してまいりました.

北は北海道から,南は鹿児島まで,
全国から多くの学生さんが当院のブースを訪問してくださいました.

当院の研修医は出身大学の偏りがなく,
バックグラウンドの異なるメンバーが交流を深めながら切磋琢磨して研修しています.

ぜひ一度,見学にお越しいただき
当院の研修を体験してみませんか?

また,今週土曜日(3月26日)には
臨床研修病院説明会を開催いたします.
詳しくはこちらをご覧ください→臨床研修病院説明会のお知らせ

医学生の皆さんにとって,自分の研修先を探す作業は
初めてのことばかりで戸惑うことや,いろいろな人の話を聞いて迷うことも
多いと思いますが,

できるだけたくさんの病院へ足を運ぶことで,
ここで研修したい!と思える病院に出会えるはずです.

初期研修の2年間は医療技術のみならず,医師としての根の部分を形成する,
これからのドクターズライフを大きく揺さぶる2年間となります.

名古屋医療センターも選択肢のひとつとして考えていただけるとうれしいです.

卒後教育研修センター

2016年3月22日火曜日

研修修了発表会を開催しました

3月19日,
26年度初期臨床研修医の研修修了発表会を行いました.

2年間の研修で最も印象に残った症例,出来事,経験...

なぜそれらが印象に残ったのか,
その症例・出来事・経験から何を学び,自分はどう変わったのか,

7名の研修医,それぞれの個性が溢れる,心に響く発表となりました.

K医師は,「自分はどんな医師になりたいのか」というタイトルで
一つの症例を通じて,自身の言動を振り返り,
「平静心を保つこと」
「患者さんの病態・問題点を正しい医学的知識を用いて解決に導くこと」
「患者さんとご家族,他の医療スタッフと共に,患者さんとご家族の最も満足できる道を探すこと」
という,自分の理想の医師像を真摯な態度で語っていました.

7名の研修医の皆さん,おつかれさまでした.
“研修医”生活,残り10日です!
卒後教育研修センター


2016年3月16日水曜日

“レジナビフェア スプリング 2016東京” に出展いたします

来る3月20日(日),
東京ビッグサイトで開催されるレジナビフェア スプリング 2016東京
名古屋医療センターブースを出展いたします!

地元の東海地区の病院で研修をしたいと考えている医学生の皆さん,
地元は名古屋じゃないけれど...全国の病院の中で
診療科の多い3次救急の病院で研修をしたい思っている医学生の皆さん,
教育熱心な指導医と先輩研修医がいる病院で研修を始めたい思っている医学生の皆さん,

ぜひ,当院ブースにお立ち寄りください!
当院の研修の様子や特徴について,指導医と研修医が生の声をお伝えいたします.
皆さんのお越しをお待ちしています!
卒後教育研修センター

2016年3月14日月曜日

ブラッシュアップセミナーを開催いたしました

3月12日,
第34回ブラッシュアップセミナーを開催いたしました.

講師は,さいとう整形外科リウマチ科院長 斉藤 究 先生
斉藤先生は,5年前まで当院で整形外科指導医としてバリバリと研修医教育に携わっていらっしゃった先生です.
現在は名古屋市名東区でクリニックを開業されていますが,
地域医療研修の連携施設として,当院の研修医を受入れてくださってもいます.

今回のセミナーは,
「あー来ちゃった整形患者」を
「今夜は俺がなんとかするぜ」に変える整形救急講義
研修医が日々の救急外来で遭遇する疑問や悩み,
救急外来での患者さんの対応のポイントを,
たくさんの写真やレントゲン画像のスライドを使って解説してくださいました.
後半は,実技講習.
オルソグラスやクラビクルバンドを使い,受講生同士で固定の練習をしました.
 
~受講生の声~
「普段なんとなくやっていたことが,しっかり確認できて良かったです」
「実技講習で自分が体験したことで,患者さんの気持ちがわかり,理解が深まりました」

斉藤先生,ありがとうございました.
卒後教育研修センター

2016年3月1日火曜日

レジナビフェア in 金沢

2月28日,
レジナビフェアin金沢に出展してまいりました!

来ブース学生さんの数は,過去最大

学生さんに向けて一生懸命説明する研修医1年次のS医師

新潟大学,富山大学,金沢大学,金沢医科大学,福井大学からたくさんの学生さんが
当院ブースを訪問してくださいました!

研修病院を探している学生の皆さん,ぜひ一度名古屋医療センターへ見学にいらしてください!

3月26日には,当院において臨床研修病院説明会を開催いたします.
初期研修医によるカジュアルな企画です.
現役研修医の,の声をぜひ聞きにきてくださいね.

スタッフ一同,お待ちしています!

詳しくはこちらをご覧ください→臨床研修病院説明会のお知らせ

3月6日は,レジナビフェアin福岡に出展いたします.
名古屋医療センターブースに,ぜひお立ち寄りください!

卒後教育研修センター